会社概要|CriGate(クリゲート)|クリーク・アンド・リバー社 映像専門職2019年度入社新卒採用サイト

CriGate

Creek and river

Interview
社員インタビュー

富岡花菜

2016年入社
アシスタントディレクター

仕事内容
朝の情報番組のアシスタントディレクターです。班は曜日で割り振られていて、金曜班の担当をしています。金曜日班は金曜日の放送に向けて、担当についたディレクターが必要としている資料集めや、編集で使う映像を集めます。担当ディレクターの業務がスムーズに進むようにサポートをします。また、取材やロケにでることもあります。担当のディレクターやネタにもよりますが、例えば、地方ロケだとディレクターが一人では大変なのでADがついて行くことや、ディレクターだけで行くロケでは一人ではリポートが取れないのでADがついて行くこともあります。また街録に行くこともあります。
入社前後での変化は何ですか?
情報番組を担当しているということもあるかもしれませんが、ニュースに敏感になりました。新聞をコピーしながらも、気になる記事があったときはストックしています。
また、活字を読むことが多くなりました。通勤の時に3~40 分電車に乗るのでその時に読書をしています。小説や自己啓発本などを読んでいます。
ドラマや映画で映像を見たことあるので、原作を読んでみよう、と手に取っています。ドラマなどで映像化された原作を読んで、原作と映像の違いを発見するなどしています。
板書で漢字を間違える人が割と多いので、その様子を見て、本を読もうと思いました。
入社前(社会人になる前)にしておいたほうが良いことは何ですか?
「これをやりたい」、という目標を一つでもいいから見つけてください。
私は学生だったとき、すごく漠然としていました。目標がひとつでも具体的に決まっていたら、就職活動の時に軸にして話ができるのかな、と思います。
入社がゴールと思ってしまう人が多く、別業界で仕事をしている人で、あまり仕事が好きではない人がいます。自分の希望通りではない仕事に就いている人もいるかもしれませんが、最終的に選んだのは自分なので、もっと楽しめばいいと思います。就職先が決まってゴールではなく、入ってから、「こういうことがしたい」というビジョンがあれば、仕事は楽しくなるのではないでしょうか。
こういうことがしたい、という目標をひとつ持っておくと入社後のモチベーションが続くのではないでしょうか。

映像のことは学生時代に勉強していなくても大丈夫です。配属後に学ぶ機会は沢山あります。もちろんカメラの使い方を知っている先輩もたくさんいて、カメラの使い方も入ってから教えてもらいました。ただ、テレビはたくさん見ておいた方がいいと思います。「印象に残っているニュースは」、「好きな番組は」という質問がテレビ業界の会社の面接で出ました。 入社後も「他の番組はどういうことしているのだろう」と見ることもあります。就職活動をしていると忙しいかもしれませんが、朝や夜のニュースだけでも見ておいたほうが良いと思います。各局で報道の仕方も違います。今のうちにテレビを見る習慣をつけておいた方がいいと思う。

TOPへ